トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

11 殺生石・遊行柳

[おくのほそ道,栃木県,那須町,,,11 殺生石・遊行柳]

11 殺生石・遊行柳(せっしょうせき・ゆぎょうやなぎ)





地図


遊行柳句碑 遊行柳 }那須宿泊地 那須温泉神社 殺生石

原文


これより殺生石(せっしょうせき)に行(ゆ)く。

館代(かんだい)より馬にて送(おく)らる。

この口付(つ)きの男の子(おのこ)、短冊(たんじゃく)得(え)させよとこう。

やさしきことを望(のぞ)みはべるものかなと、

  野(の)を横(よこ)に 馬(うま)ひきむけよ ほととぎす

殺生石(せっしょうせき)は温泉(いでゆ)の
出(い)づる山陰(やまかげ)にあり。

石の毒気(どくけ)いまだほろびず。

蜂(はち)蝶(ちょう)のたぐひ真砂(まさご)の色の見えぬほどかさなり死す。

また、清水(しみず)ながるるの柳(やなぎ)は蘆野(あしの)の里にありて田の畔(くろ)に残(のこ)る。

この所(ところ)の郡守(ぐんしゅ)戸部(こほう)某(なにがし)のこの柳(やなぎ)見せばやなど、おりおりにのたまひ聞こえたまふを、いづくのほどにやと思ひしを、今日この柳(やなぎ)のかげにこそ立ち寄(よ)りはべりつれ。

  田(た)一枚(いちまい) 植(う)えて立ち去(さ)る 柳(やなぎ)かな

[おくのほそ道,栃木県,那須町,,,11 殺生石・遊行柳]

最終更新時間:2010年02月21日 21時36分40秒