トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

13 須賀川

[おくのほそ道,福島県,13 須賀川]

13 須賀川(すかがわ)







地図


可伸庵跡 相楽等躬宅跡 須賀川市芭蕉記念館 神炊館諏訪神社 萬年山長松院 来迎山十念寺 乙字ケ滝

原文


とかくして越(こ)え行(ゆ)くままに、あぶくま川を渡(わた)る。

左に会津根(あいづね)高く、右に岩城(いわき)・相馬(そうま)・三春(みはる)の庄(しょう)、常陸(ひたち)・下野(しもつけ)の地をさかひて、山つらなる。

かげ沼といふ所(ところ)を行(ゆ)くに、今日は空(そら)曇(くもり)て物影(ものかげ)うつらず。

須賀川(すかがわ)の駅に等窮(とうきゅう)といふものを尋(たず)ねて、四、五日とどめらる。

まず白河(しらかわ)の関(せき)いかにこえつるやと問(と)う。

「長途(ちょうど)のくるしみ、身心(しんじん)つかれ、かつは風景(ふうけい)に魂(たましい)うばはれ、懐旧(かいきゅう)に腸(はらわた)を断(た)ちて、はかばかしう思ひめぐらさず。

  風流(ふうりゅう)の 初(はじめ)やおくの 田植(たうえ)うた

無下(むげ)にこえんもさすがに」と語(かた)れば、脇(わき)・第三(だいさん)とつづけて、三巻(みまき)となしぬ。

 
この宿(しゅく)のかたわらに、大きなる栗(くり)の木陰(こかげ)をたのみて、世(よ)をいとふ僧(そう)あり。

橡(とち)ひろふ太山(みやま)もかくやとしづかに覚(おぼ)えられてものに書き付(つ)はべる。

其詞(そのことば)、

 栗(くり)といふ文字(もんじ)は西の木と書きて
 西方浄土(さいほうじょうど)に便(たより)ありと、行基菩薩(ぎょうきぼさつ)の一生(いっしょう)
 杖(つえ)にも柱(はしら)にもこの木を用(もち)いたまふとかや。

  世(よ)の人の 見付(つ)けぬ花や 軒(のき)の栗(くり)

[おくのほそ道,福島県,13 須賀川]

最終更新時間:2010年02月22日 04時17分45秒