トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

19 武隈の松

[おくのほそ道,宮城県,岩沼市,,19 武隈の松]

19 武隈の松(たけくまのまつ)

地図



武隈の松 竹駒神社

原文


岩沼(いわぬま)の宿(しゅく)

武隈の松(まつ)にこそ、目覚(さむ)る心地(ここち)はすれ。

根(ね)は土際(つちぎわ)より二木(ふたき)にわかれて、昔(むかし)の姿(すがた)うしなはずとしらる。

まず能因法師(のういんほうし)思ひ出(い)づ。

その昔(かみ)むつのかみにて下(くだ)りし人、この木を伐(きり)て、名取川(なとりがわ)の橋杭(はしぐい)にせられたることなどあればにや、「松(まつ)はこのたび跡(あと)もなし」とは詠(よみ)たり。

代々(よよ)、あるは伐(きり)、あるひは植継(うえつぎ)などせしと聞くに、今将(いまはた)、千歳(ちとせ)のかたちととのほひて、めでたき松(まつ)のけしきになんはべりし。

「武隈(たけくま)の松(まつ)みせ申(もう)せ遅桜(おそざくら)」

と挙白(きょはく)といふものゝ餞別(せんべつ)したりければ、

  桜(さくら)より 松(まつ)は二木(ふたき)を 三月(みつき)越(ご)し

[おくのほそ道,宮城県,岩沼市,19 武隈の松]

最終更新時間:2010年02月19日 22時27分32秒