トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

21 多賀城

[おくのほそ道,宮城県,多賀城市,21 多賀城]

21 多賀城(たがじょう)





地図


野田の玉川 末の松山 沖の石 多賀城碑 多賀城跡

原文


壷碑(つぼのいしぶみ) 市川村(いちかわむら)多賀城(たがじょう)にあり。

つぼの石ぶみは高(たか)さ六尺(ろくしゃく)あまり、横(よこ)三尺(さんじゃく)斗(ばかり)か。

苔(こけ)を穿(うがち)て文字(もじ)かすかなり。

四維(しゆい)国界(こっかい)の数里(すうり)をしるす。

この城(しろ)、神亀(じんき)元年(がんねん)、按察使(あぜち)鎮守府(ちんじゅふ)将軍(しょうぐん)大野朝臣東人(おおのあそんあずまひと)の所置(おくところ)なり。
天平(てんぴょう)宝字(ほうじ)六年(ろくねん)参議(さんぎ)東海(とうかい)東山(とうせん)節度使(せつどし)同(おなじく)将軍(しょうぐん)恵美朝臣(えみのあそんあさかり)修造(しゅぞう)而(読まない文字)、十二月(じゅうにがつ)朔日(ついたち)とあり。

聖武皇帝(しょうむこうてい)の御時(おんとき)に当(あた)れり。

むかしよりよみ置(おけ)る哥枕(うたまくら)、おほく語(かたり)伝(つた)ふといへども、山崩(くず)れ川流(ながれ)て道あらたまり、石は埋(うずもれ)て土にかくれ、木は老(おい)て若木(わかぎ)にかはれば、時移(うつ)り代(よ)変(へん)じて、その跡(あと)たしかならぬことのみを、ここにいたりて疑(うたが)いなき千歳(せんざい)の記念(かたみ)、今眼前(がんぜん)に古人(こじん)の心を閲(けみ)す。

行脚(あんぎゃ)の一徳(いっとく)、存命(ぞんめい)の悦(よろこ)び、羈旅(きりょ)の労(ろう)をわすれて、泪(なみだ)も落(お)つるばかりなり。

[おくのほそ道,宮城県,多賀城市,21 多賀城]

最終更新時間:2010年02月19日 22時30分55秒