トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

26 瑞巌寺

[おくのほそ道,宮城県,松島町,26 瑞巌寺]

26 瑞巌寺(ずいがんじ)

地図


原文


十一日、瑞岩寺(ずいがんじ)に詣(もうず)。

当寺(とうじ)三十二世(さんじゅうにせい)の昔(むかし)、真壁(まかべ)の平四郎(へいしろう)出家(しゅっけ)して入唐(にっとう)、帰朝(きちょう)の後(のち)開山(かいざん)す。

其後(そののち)に雲居禅師(うんごぜんじ)の徳化(とっか)によりて、七堂(しちどう)甍(いらか)改(あらた)まりて、金壁(こんぺき)荘厳(しょうごん)光(ひかり)を輝(かがや)かし、仏土(ぶつど)成就(じょうじゅ)の大伽藍(だいがらん)とはなれりける。

かの見仏聖(けんぶつひじり)の寺はいづくにやとしたはる。

[おくのほそ道,宮城県,松島町,26 瑞巌寺]

最終更新時間:2010年02月19日 22時37分36秒