トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

35 月山

[おくのほそ道,山形県,35 月山]

35 月山(がっさん)



地図


月山 羽黒山

原文


八日、月山(がっさん)にのぼる。

木綿(ゆう)しめ身(み)に引きかけ、宝冠(ほうかん)に頭(かしら)を包(つつみ)、強力(ごうりき)といふものに道びかれて、雲霧山気(うんむさんき)の中に氷雪(ひょうせつ)を踏(ふみ)てのぼること八里(はちり)、さらに日月(じつげつ)行道(ぎょうどう)の雲関(うんかん)に入(い)るかとあやしまれ、息絶(いきたえ)身(み)こごえて頂上(ちょうじょう)にいたれば、日没(ぼっし)て月顕(あらわ)る。

笹を鋪(しき)、篠(しの)を枕(まくら)として、臥(ふし)て明(あく)るを待(ま)つ。

日出(い)でて雲消(きゆ)れば湯殿(ゆどの)に下(くだ)る。

谷の傍(かたわら)に鍛治小屋(かじごや)といふあり。

この国の鍛治(かじ)、霊水(れいすい)をえらびてここに潔斎(けっさい)して劔(つるぎ)を打(うち)、終(ついに)月山(がっさん)と銘(めい)を切(きっ)て世に賞(しょう)せらる。

かの龍泉(りゅうせん)に剣(つるぎ)を淬(にらぐ)とかや。

干将(かんしょう)・莫耶(ばくや)のむかしをしたふ。

道に堪能(かんのう)の執(しゅう)あさからぬことしられたり。

岩に腰(こし)かけてしばしやすらふほど、三尺ばかりなる桜のつぼみ半(なか)ばひらけるあり。

ふり積(つむ)雪の下に埋(うずもれ)て、春を忘れぬ遅(おそ)ざくらの花の心わりなし。

炎天(えんてん)の梅花(ばいか)ここにかほるがごとし。

行尊僧正(ぎょうそんそうじょう)の哥(うた)の哀(あわ)れもここに思ひ出(い)でて、猶(なお)まさりて覚(おぼ)ゆ。

そうじてこの山中(さんちゅう)の微細(みさい)、行者(ぎょうじゃ)の法式(ほうしき)として他言(たごん)することを禁(きん)ず。

よりてて筆(ふで)をとどめて記(しる)さず。

坊(ぼう)に帰れば、阿闍利(あじゃり)のもとめによりて、三山(さんざん)順礼(じゅんれい)の句々(くく)短冊(たんじゃく)に書く。

 
  涼(すず)しさや ほの三か月(みかづき)の 羽黒山(はぐろさん) 

  雲の峯(みね) 幾(いく)つ崩(くず)れて 月の山 

  語(かた)られぬ 湯殿(ゆどの)にぬらす 袂(たもと)かな 

  湯殿山(ゆどのさん) 銭(ぜに)ふむ道の 泪(なみだ)かな 曽良(そら)

[おくのほそ道,山形県,35 月山]

最終更新時間:2011年05月29日 22時07分41秒