トップ 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

37 象潟

[おくのほそ道,秋田県,にかほ市,象潟,37 象潟]

37 象潟(きさがた)



地図


有耶無耶の関 蚶満寺 象潟

原文


江山(こうざん)水陸(すいりく)の風光(ふうこう)数(かず)を尽(つく)して、今(いま)象潟(きさがた)に方寸(ほうすん)を責(せ)む。

酒田(さかた)の湊(みなと)より東北の方(かた)、山を超(こ)え礒(いそ)を伝(つた)ひ、いさごをふみて、その際(きわ)十里(じゅうり)、日影(ひかげ)ややかたぶくころ、汐風(しおかぜ)真砂(まさご)を吹上(ふきあげ)、雨朦朧(もうろう)として鳥海(ちょうかい)の山かくる。

闇中(あんちゅう)に莫作(もさく)して、「雨もまた奇(き)なり」とせば、雨後(うご)の晴色(せいしょく)またたのもしきと、蜑(あま)の苫屋(とまや)に膝(ひざ)をいれて雨の晴(は)るるを待(ま)つ。

 
その朝(あした)、天よく晴れて、朝日(あさひ)花やかにさし出(い)づるほどに、象潟(きさかた)に船をうかぶ。

まず能因嶋(のういんじま)に船をよせて、三年(さんねん)幽居(ゆうきょ)の跡(あと)をとぶらひ、むかふの岸(きし)に舟をあがれば、「花の上こぐ」とよまれし桜(さくら)の老木(おいき)、西行法師(さいぎょうほうし)の記念(かたみ)をのこす。

江上(こうじょう)に御陵(みささぎ)あり。

神功后宮(じんぐうこうぐう)の御墓(みはか)といふ。

寺を干満珠寺(かんまんじゅじ)といふ。

このところに行幸(みゆき)ありしこといまだ聞かず。

いかなることにや。

この寺の方丈(ほうじょう)に座(ざ)して簾(すだれ)を捲(まけ)ば、風景(ふうけい)一眼(いちがん)の中(うち)に尽(つき)て、南に鳥海(ちょうかい)天をささえ、その陰(かげ)うつりて江(え)にあり。

西は有耶無耶の関(うやむやのせき)、路(みち)をかぎり、東に堤(つつみ)を築(きず)きて秋田(あきた)にかよふ道遥(はるか)に、海北にかまえて浪(なみ)打(う)ち入(い)るる所(ところ)を汐越(しおこし)といふ。

江(え)の縦横(じゅうおう)一里(いちり)ばかり、俤(おもかげ)松嶋(まつしま)にかよひてまた異(こと)なり。

松嶋は笑(わろ)ふがごとく、象潟はうらむがごとし。

寂(さび)しさに悲(かな)しみをくはえて、地勢(ちせい)魂(たましい)をなやますに似(に)たり。

 
  象潟(きさかた)や 雨に西施(せいし)が ねぶの花 

  汐越(しおこし)や 鶴(つる)はぎぬれて 海涼(すず)し 

   祭礼(さいれい)

  象潟(きさかた)や 料理(りょうり)何くふ 神祭(かみまつり) 曽良(そら)

  蜑(あま)の家(や)や 戸板(といた)を敷(しき)て 夕涼(ゆうすずみ) 
                   みのの国の商人(あきんど) 低耳(ていじ) 

   岩上(がんしょう)に 雎鳩(みさご)の巣(す)をみる 

  波(なみ)こえぬ 契(ちぎ)りありてや みさごの巣(す) 曽良

[おくのほそ道,秋田県,にかほ市,象潟,37 象潟]

最終更新時間:2010年02月21日 10時24分02秒