トップ 差分 一覧 Farm ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

話し合う

1 目的

主に音声言語を用いて、

1 仲良くなる。

2 合意を形成する。

3 問題を解決する。

4 創造する。

5 深く学ぶ。

6 情報を共有する。

7 話し合うスキルを高める。

2 スキル

1 意見と人とを分ける。

    意見に対して賛成・反対を論じるのであって、人に対してではない。

2 話合いの流れをよむ。

    論を戻さない。

    タイミングよく話す

3 賛成・反対を決める。

4 賛成・反対の理由を話す

5 代案・修正案を話す

6 質問と意見を分ける。

3 形態

1 順番に発言

2 発言 → 発言者が次の発言者を指名 → 発言

3 挙手 → 司会者が指名 → 発言

4 発言したい児童が立つ → 発言数の多い児童が座る → 発言数の少ない児童が発言する (討論

5 ディベート

6 ワークショップ

7 パネルディスカッション

4 参加者

1 児童2人

2 児童4人

3 児童10人

4 学級半分の児童

5 学級全員

6 同学年他学級の児童と1対1

7 同学年異学級の児童4人

8 学年全員

9 学級対学級

10 上学年または下学年学級と

11 学級代表者

12 委員会、クラブ活動

13 児童会全体

[教師,話合い,国語,情報]