トップ 差分 一覧 Farm ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

話す

目的

主に音声言語を用いて、

1 自分の意見や感情を他に伝える。

2 情報を発信する。

3 話すスキルを高める。

スキル

1 対象者全員に聞こえる声で話す

2 対象者全員の目を見ながら話す

3 立って話す

4 初めに結論を話す

5 理由を話す

6 短く話す

7 聞いた内容を再現して話す

8 聞いた内容に自分の考えを加えて話す

形態

1 1人の児童が先生1人に話す

2 1人の児童が少人数の中で先生に1人に話す

3 1人の児童が1人の児童に話す

4 1人の児童が2人の児童に話す

5 1人の児童が5人の児童に話す

6 1人の児童が学級全員に話す

7 2人の児童が協力して5人の児童に話す。、

8 4人の児童が協力して学級全員に話す

9 学級以外の対象者に話す
     同学年他学級児童、下学年児童、上学年児童、校長先生、

10 学校以外の対象者に話す
     保護者、地域の方、同地域の学校、他県の学校、対照的な環境の学校(都会と田舎、海と山)

10 ワークショップの発表者として話す。ファシリテーターとして話す

11 パネル-ディスカッションのパネラーとして話す

道具

1 事前に書いた文字を読む。

2 事前に書いたメモを見ながら話す

3 事前に黒板(模造紙)に書いた文や絵を見せながら話す

4 黒板に書きながら話す

5 印刷した1枚の写真を見せながら話す

6 印刷した2枚の写真を比較して見せながら話す
   時間、空間、視点、視線、大きさ、量、数、色、、、

7 物、グラフ、表を見せながら話す

8 書画カメラで撮影し、テレビやプロジェクターで拡大提示しながら話す

9 文字、画像、映像などを、あらかじめコンピュータのプレゼンテーションソフトで編集し、タイミングよく提示しながら話す

[教師,話合い,国語,情報]